はじめての体外受精~移植後9日目 生理のような出血~

移植後9日目。恐れていた事態がやってきました。

生理と変わらない色の出血が始まったのです。量は1日目より少ないぐらいでしょうか?でもトイレへ行くとティッシュに生理のときと同じくらい血が付着するし、便器の水が赤くなるほどでした。

陽性反応が出ていたから着床はしていたのかもしれないけれど、これは生理以外には考えられないし、だんだんと妊娠検査薬の陽性反応が薄くなっていって化学流産になるのかな…。

不安でたまりません。

慌てて治験コーディネーターさんに電話しました。

少し残念そうな声で電話越しに話してくださり「今はお薬をこのまま続けてもらうしかありません。先生からもお腹が痛くなければ様子をみるようにと指示を頂いています。不安にさせてしまって申し訳ないです。」と言われました。

帰宅してから昨日と同じくらいの時間に妊娠検査薬を使いました。

もう、ダメかもしれない。

そう思い判定を待っていると…昨日よりも早々と陽性反応が確認できました。しかも少し色が濃くなった気がします。

単純な私はこの結果に嬉しくなりました…が…明日どうなっているかわかりません。

明日には出血が止まるように祈りながら早々と寝ることにします。

はじめての体外受精 ~移植後8日目のフライング検査と出血~

移植後8日が経ちました。

昨日からおりものに混じった出血やおりものシートに2滴ほどピンク色の出血がありとても心配しています。

今朝は基礎体温を計ってみました。

黄体ホルモンを補充する膣剤の影響か、測定を初めてから1度もなかった37.05度という高温値でした。少し細胞が安心。

ところが、昨日とは比べ物になないほどしっかりとしたピンク色の出血が続き、夜にはいつもの生理と同じ赤色へと変わりました…。量は生理の1日目よりも少なくおりものシートで足りるくらい。普通のナプキンでは十分に1日もつ程度の量ですが、どんどん生理が始まる兆しに近づいています。

もう頭の中が真っ白です。

そんな中、実は昨日、早期妊娠検査薬を使ってみたんです!使用したのはチェックワンファースト。これは調剤薬局でしか販売していないそうです。結果は…陽性!初めて判定の窓に縦のラインが見えました!終了のラインよりは薄いもののはっきりと確認できました。

昨日のこの出来事があり、出血はあるものの朝から浮かれていた私。妊娠したら…なんてことを考えながら過ごしていました。その浮かれた気持ちがトイレへ行って一瞬で崩れ去りました。

また検索魔になるしかありません。

調べてみると採卵前に注射したHCGがしばらく体内に残り妊娠検査薬が反応してしまうことがあるということがわかりました。

私がHCGを注射したのはちょうど15日前、採卵日の2日前でした。量は5000単位。さすがに2週間残るのかと思いながら出血していることを考えると陽性反応も頼りなく思えてきました。

今回の体外受精は治験で行われているので心配になり治験コーディネーターさんへ電話しました。すると「着床出血かなという気がするけれど、また量が増えたり強い腹痛があればいつでも連絡してくださいね」と言われました。移植後8日も経って着床出血というイメージがありませんでしたが治験コーディネーターさん曰く、この時期の着床出血は普通のことだということでした。

そう言われて少し安心しましたが、やはり増える出血に心が動揺しています。

また帰宅してから妊娠検査薬を使ってみました。今回は早期妊娠検査薬ではなく通常の妊娠検査薬。

しばらくすると判定の窓にうっすらとラインが確認できました。

一安心する気持ちと注目の影響を疑う気持ちが入り交じります。そして、出血への不安は変わりません。一体何を信じればいいのやら…。

明日は出血がおさまりますように。

はじめての体外受精~採卵後5日間培養~

採卵日から5日が経ちました。私の卵子は頑張ってくれているかな?ドキドキしながら移植の持ち物を持ちトイレを我慢して尿を溜めながらクリニックへ。

始めに培養士さんからの説明があるとのことで部屋に呼ばれて1枚の紙が渡されました。見ると移植1の文字が!

やった!

しばらくして培養士さんから説明が始まりました。

採卵できたのは8個。そのうち一つは十分に成熟していなかったので破棄して残りが7個。

そのうち4個を精子は振りかけて自然に受精させ、3個は顕微授精を実施。全て受精卵にはなったけれど、振りかけて受精したうちの1個が奇形であったので破棄して残りは6個。そのうち5日目までに6個全てが培養されていました。

今回、移植するのは一番良い5ABのもの。残りの2個は3BCまで育ち凍結が可能になったので凍結され、残りの2個はもう1日培養して凍結できるか判断するとのことでした。

移植の準備を終えて移植が行われる部屋へ行くと先生が移植する卵の画像を見せてくれてもう一度説明をしてくださいました。

「卵の上の方に少し細胞が出てきているのがわかりますか?もうすでに自分で透明膜を破って出てきている非常に元気な卵です。60%くらいはうまく行くと思います。」

その言葉が嬉しかったこと、そして初めて見た自分の受精卵がとても愛しく、また元気であったことが嬉しくて感無量でした。

移植は痛みなく15分程度で終了。夢にまで見た私の赤ちゃん(正式にはまだ卵の状態だけど)がお腹にあることが嬉しくてたまりませんでした。

妊娠判定日は14日後。それまでに気を付けることが書かれた紙と黄体ホルモンを補充するための膣座薬を頂き帰宅となりました。

移植後に気を付けることはアルコール、喫煙はしないこと、カフェインを控えること、激しい運動をしないこと、走らないこと、自転車に乗らないこと。これらを守って判定日まで、今度は私が卵を育てる番です。

お腹を擦りながら「元気に育ってね」と心の中で語りかけながら判定日まで楽しみに待ちたいと思います。

はじめての体外受精~採卵日 当日~

ついに採卵日がやってきました。採卵については病院によって違うようですが私の通院している病院は静脈麻酔で行います。つまり全身麻酔です。

麻酔が効きやすくなる注射と点滴をしたら案内があるまで個室で待機。順番になると採卵を行う部屋まで歩いて移動します。

以前、FTを行ったときにも静脈麻酔だったので同じ手順で行われました。

移動した部屋には内診台に似た椅子があり、そこに座ります。あとは血圧計を巻いたり手足が動かないように固定したり点滴に麻酔を加えたりいろんなことが同時進行で進んでいきます。そして酸素マスクをつけたら独特な麻酔?の香りがして大きく深呼吸をしている間に夢の中へ落ちていきました。

気がつけば始めの個室のベッドの上。しばらくすると先生が来て「予定通り8個とれましたよ」と声をかけてくださいました。

一昨日、聞いていた数が採卵できたと聞いて一安心。先生の技術に感謝しました。

さて、ここからは治験の規定である5日目まで全ての卵を培養します。

こちらの病院では通常、5日目まで培養したときに移植できる卵がなくなることを防ぐため、2日目にいくつか凍結してストックするとのことでしたが、治験では全て培養です。

5日目まで育てない卵は移植してもダメなのかもという気もするけれど、こればかりは比較する方法がないのでわかりません。

やれるだけのことはやったし、あとは移植当日を待つだけです。良い結果になりますように!

はじめての体外受精~ガニレストのコツと自己注射の克服~

上手に注射できなかったガニレスト。それによって自己注射に対する恐怖心が強くなり憂鬱で精神的にしんどい日々が続いていました。

仕事柄、看護師さんの友人がいてガニレストを持参し相談にのってもらいました。看護師さんからは「針の先端の向きを確認して少し斜めに注射したらいいと思うよ」とアドバイスをもらいました。そして、ついに実践する日がやってきました。

緊張で精神的に限界が訪れていました。幸いにも今回の体外受精は治験でのことなので担当の治験コーディネーターさんがついており、ガニレストに対する不安な気持ちを打ち明けました。すると「診察の後に一緒に頑張りましょう」と言ってもらえました。

診察が終わり今日も治験コーディネーターさんに応援してもらいながら自己注射を開始しました。

ガニレストの針の先端の向きを二人で確認し、思いきって注射してみました!

…少し刺さりにくい…。でも、僅かな抵抗感の後にほとんど痛みなく針が中にスーっと入っていきました!

角度を変えるとこんなに違うんだ!

私のガニレストに対する恐怖心が一瞬でなくなり、久しぶりに心が落ち着きました。嬉しすぎて涙が出そうになりました。それぐらいストレスを感じていたのです。

翌日は家で自己注射でしたが昨日までの不安な気持ちや1日中注射のことを考えてしまうことがなくなりました。これが慣れるということなのでしょうか。昨日までの気持ちが嘘のようでした。

なぜか落ち着くということで、トイレで自己注射を行うことにしました。ガニレストの空気を抜くのに苦戦しましたが、落ち着いて何度とチャレンジし無事に準備が整いました。

勇気を出して自己注射。昨日ほどの勢いが出せなくて刺さるまでに少し時間がかかりましたが刺さった後にはほとんど痛みなくスーっと針が入っていきました。

自己注射が不安でたまらなかった私がこんな風になるなんて、あの頃は想像ができませんでした。

不安でたまらないかた、誰かに話をきいてもらってください。そして、自分が選んだ病院を信じて看護師さんや先生に聞いてもらってください。こんな気持ちをしているのは自分だけじゃない。一人で抱え込んではダメなんです。

不安な気持ちが嘘のように晴れる日がきます。一緒に乗り越えていきましょう!

はじめての体外受精⑦~自己注射指導~

自己注射6日目からは新たに排卵を抑える注射が追加されます。そのために自己注射指導というのが看護師さんから行われます。今日はその指導のために通院です。

2日前、慣れたと思っていた自己注射だけど、一転、恐怖へと変わりました。慣れてきたからとゆっくりと打ってしまい、針が刺さらずに押し込むことになり、注射よりも優しいツンとするような痛みを感じました。それから、注射に対する恐怖心に毎日襲われています。

無事に自己注射はできたし、昨日もできたけど、今日から追加になる注射のことを考えると毎日不安な日々が続いています。

思いきって強がらずに治験コーディネーターさんにその旨を伝えました。そしたら「自己注射指導のときに看護師さんに話しておきますね。」と言ってくれました。心強い。

この恐怖心から抜け出すには恥ずかしがらずに病院のスタッフさんたちを信じて打ち明けること。きっと同じ思いをしている人は私だけじゃない。

自己注射は本当に痛くないし、自分でお薬をゆっくりと注入できるからいいのですが、針に対する恐怖心だけ何とかしたい。

今は正直なところ、子供のためにと思う余裕もありません。でも一歩一歩前進しています。病院のみなさんを信じてこのまま最終日まで進んでいきたいと思います。

はじめての体外受精⑤~慣れない自己注射~

体外受精をする際には多くの卵子を採卵できるように育てる必要があります。一つの卵子よりも数が多いほど成功する可能性があがるからです。そして、卵子を育てるために必要なことが自己注射によるお薬の投与です。

針を見ることは大丈夫だし、なんとかなると思って甘く見ていたけど、実際に自己注射する針を見ると、第一関節ほどもある長いものでした。想像以上のものに驚いてしまうと同時に怖くなり、冷や汗と貧血が押し寄せました。

本当に大丈夫だろうか…どうしよう。

でも、やると決めたし皆がやっていること。一つ一つを乗り越えることで赤ちゃんに近づける。

やり方を教わり、実際に自己注射をしてみることになりました。躊躇するとできなくなる、思いきってやるしかない!意を決してお腹のお肉をつまみ、勢いよく注射しました。

始めにプツンと膜を破る感覚のあとは何も感じず、痛みも全くありませんでした。そのあとはお薬の投与です。ゆっくりと押し込んで注入。自分でスピードを調整できるし、全く痛みもありませんでした。

思っていたよりも、自分でやる方が調整できるし安心感がありました。

針の長さに慣れるには少し回数が必要なようですが徐々に慣れることができそうです。

自己注射をしているかた、どうやって怖さを克服しましたか?

体外受精を考えているかた、私と同じように自己注射を頑張っているかた、思っているよりも大丈夫だし、一緒に頑張りましょう。

初めての体外受精①~説明会~

治験の体外受精への参加を決めて、まずやらなければならないことが体外受精の説明を受けること(インフォームドコンセント)でした。私の通う婦人科では体外受精をする場合は必ず行っているようです。

予約した時間に培養士さんがスライドを使い体外受精についてとリスク、どんな方法があるのか、費用について説明をしてくれました。ある程度のことは知っていたけれど、各方法がどういったものか、メリット、デメリットについて知ることができました。方法について今回は治験なのでやり方が決まっているため知識を深められたといったところでしょうか。勉強になりました。

治験では採卵後、培養が可能な限界である5日目まで卵を育てます。ここまで育つことができたら着床率が少し良いみたいです。育つかどうかは個人差が結構あるとのことでした。AMHが低いから育ちにくいとかいうことはなく、AMHは残りの卵の数の目安なので卵子の質は年齢と個人差によると聞けてひと安心でした。

マンツーマンで説明してくれるので質問もしやすくて良かったです。

次回は治験へ参加できるのか、データがなかったホルモン値を調べに行きます。

妊活6周期D5日目~診察後~

診察へ行って来ました。

今周期は排卵は今すぐに起こる兆しがなく、通常通りではないかとおっしゃってもらえました。ひと安心。

人工受精するには予定が合わないため、排卵誘発剤を注射してもらい、排卵検査薬での排卵確認とタイミングで挑むことになりました。

そして、先生に「なかなか結果がでなくて不安です。早く子供が欲しいです。」と気持ちをぶつけてみました。

先生からの回答は…

「体外受精へステップアップするという方法もあります。ですが、FT(卵管鏡下卵管形成術)の効果は半年くらい持続すると考えています。人工受精で妊娠する方は4回までで80%。年齢はまだ35歳ですし、今のところ人工受精は1回しか実施できていません。今周期はタイミング、来年からは人工受精を行って春まで様子を見ても遅くはないと思います。

でした。

遅くないと言われたことを含めて医師から直接お話を聞けて安心しました。そして、春までの目処が立ちました。

今まで遠慮してなかなか聞けずにいたけれど、先生に質問や思いを伝えて一緒に妊活に取り組むことの大切さを実感した一日でした。

先生を信じて頑張ります!

ペリーのいくら丼  

某グルメサイトで話題の大阪日本橋にある「ペリーのいくら丼」。ご存知のかたも多いのではないでしょうか?

場所は地下鉄日本橋駅から徒歩約5分。タワーエステートビル1階です。ビルの少し奥の方にあるので、行く際は地図を見ながら向かうのがオススメです。

開店は12時からということで、少し早めの30分前に到着。…ところが、土曜日ということもあってか、その時点ですでに20名ほどのかたが並んでいました。店内はゆったり目のカウンター席が約8席。約1時間ほどならんでついに入店できました。並んでいる間にも、どんどん列が長くなっていました。


 今回は運よく期間限定の「ウニ」が入荷していたので、迷わずに「ウニいくら丼」を注文!そして、オススメの「カニ汁」も注文しました。いくらはプチプチした少し固めと柔らか目との2種類から選ぶことができ、丼のご飯は小盛りもできるとのことでしたが、せっかくなので普通盛りにしました。

しばらく待つと、ついに料理が運ばれてきました!それが、こちらです‼

丼ぶりいっぱいにイクラとウニが盛られており、カニ汁は想像以上の量でした!コスパが良いとは聞いていましたが、これだけのボリュームで「ウニいくら丼」1680円、「カニ汁」200円なんて、驚きです‼

お味は…申し分ありません。ウニは独特な臭みが全くなく鮮度抜群!いくらはもちろん美味しく、カニ汁はいいお出汁が出ていて想像以上の美味しさでした!ボリュームがあり、男性でも大満足だと思います。女性はご飯は小盛りでも十分です。

みんなが並んででも食べる理由がわかりますした。大阪に住みながら今まで知らなかったことが悔やまれますが、これからは近いことを良いことにリピート決定です。

近くを訪れたさいには是非とも行ってみてください‼これ以上のコスパの良いお店はなかなか出会えないと思います。